【検証】大阪市の大川(旧淀川)でブラックバスは釣れるのか?

バス釣り検証の経緯

ある日、釣りがしたくなった。昔はシーバスフィッシングに明け暮れていたのだが、テレビの影響でブラックバスを釣りたくなったのだ。

大阪市内に住んでいるのだが、大阪市内のバス釣りで有名なポイントと言えば、淀川の毛馬周辺にある城北ワンドだ。ただ、城北ワンドから自宅までの距離はかなり遠い・・・おまけに、最寄駅から徒歩で30分以上かかってしまう。残念ながら、僕は車やバイクを所有しておらず、自転車のみなので、、【自宅近辺】【自転車圏内】で調べてみることにした。

 

大阪の大川にブラックバスがいるとの情報が

上記の検索条件のもと、とりあえず、google mapを開き、自宅周辺に流れる川 or 池の名前をピックアップ。【川 or 池の名前】【ブラックバス】【釣り】の検索条件でリサーチを開始した。我が家の近くで釣れる川は下記の通り。

  • 淀川   :※遠いので除外
  • 大川   :※近い
  • 道頓堀川 :※目立つし汚そうなので除外
  • 大阪城  :※釣り禁止なので除外

 

さらに、大川をリサーチしてみた。

ブラックバスの釣果情報を調べてみると・・・、大川の桜ノ宮公園周辺で釣れている!春や台風のあとが一番釣れやすいらしい。さらに、大阪市の公式ホームページから、どんな魚がいるかチェック!ブラックバスはやはり生息している!アユがいるなんてのは驚き!

ちなみに、下記以外に生息を確認したのは、うなぎ、シーバス、コイ、ふな(インターネット検索調べ)うむ、あわよくば、別の種類の魚も釣ってやろう。

【大川】アユ5 オイカワ5 オオクチバス2 カマツカ12 ●カワヒガイ1 ●コウライモロコ37 スズキ10 タイリクバラタナゴ1 ブルーギル11 ボラ2 マハゼ14 ワカサギ1 ワタカ6

※大阪市内の川にすむ魚 (大阪市内河川魚類生息状況調査)ページ番号:192982 2013年1月11日より引用

さらに詳しく、大川をリサーチ

絶対に釣りたいから!とにかく、本番までに徹底的に調べて確率をあげる。リサーチが大切なんです。

ということで、釣具屋さんに聞き込み開始。今回お邪魔したのは、タックルベリー東天満店です。お店に入って、店員さんに声をかけようと思ったが常連客と話をしている模様。・・・もう待ってられない。勇気を振り絞って割り込んだ。店員さんに声をかけてみる。

僕:すいません、大川でバス釣りをしたいんですけど、最近釣れてます?

店:最近釣れたみたいですよ。

僕:まじすか?大川のどのへんですか?

店:ビーチバレーしてるところの近くみたいだけど、詳しくはわからないね

僕:ありがとうございます!(ググればわかるはず・・・w)

 

詳しいことはわからないようだが、最近釣れたというのは心強い!タックルベリーさんありがとうございます!

 

タックルベリー東天満店の情報

住所  :〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満2-10-41 YFC会館

電話番号:06-6352-5300

URL  :http://www.tackleberry.co.jp/shop/news/index.cgi?cid=155

※店舗の最新情報は変更の可能性があるので、念のためホームページをチェックしてくださいね!

 

現地視察

情報も揃ったところで、さあ!釣りに行こう!と、その前に。現地に視察に行きます。なんと、自宅から自転車で10分の距離です!早速行ってみました。真夏(8月のお昼)だったので、汗だくになってしまいましたが、到着!目印のビーチバレーの砂浜も無事発見しました。

ポイントチェック!

  • 本流から流れ込みのあるポイントは、けっこう水が流れているみたいで、水質は悪くありません。
  • あたり一面、ウィードが茂っています。沈める系のハードルアーをは厳しそうです。
  • 流れ込み&ウォードが豊富なので、酸素量が多く、夏場でも
  • ベイトフィッシュは小魚が大量に!ボラかなあ?
  • 見えバス発見!ブルーギルもけっこういますね。バスの姿を見て釣る気が出てきた!

 

最終準備!ルアー調達開始!

ルアーの調達は上記のタックルベリーと大阪駅前4ビルのルアー1BANで実施。ルアー1BANは品揃えがかなり良いのでおすすめです!タックルベリーは中古が中心なので、目利きと知識ができる方にはおすすめ!今回、購入したルアーは下記の通り。

  • ゲーリーヤマモト:3インチ ヤマセンコー ウォーターメロン 青ラメ入り

  • DECOY     :1# キロフック

  • ノーブランド  :シングル スピナーベイト  ゴールド

ルアー選びで考えたこと

 

3インチ ヤマセンコー、フック(針)

  • 夏の暑い時期にバスの動きが悪くなるため、スローアクションで誘いたい(ノーシンカーでしょ!)
  • ポイントの水深が浅くウィードが多いため、根掛かりしにくいルアーが良い(針先を隠せる)
  • 網をもっていないので、ごぼう抜きできる強さを持つ針がほしい(DECOYのキロフックは最強!?)
  • 予算が限られているので、定番カラーだけでなんとかしたい(ヤマセンコーのウォーターグリーンは鉄板)

 

ノーブランドスピナーベイト

  • 広範囲を効率よく誘いたい(よく飛ぶ!)
  • バス釣りのハードルアーテクニックがよくわからん(ただ巻きでOK)
  • ポイントの水深が浅くウィードが多いため、根掛かりしにくいルアーが良い(スピナーベイトは根掛かりしにくい)
  • ベイトは魚だと思う(魚の群れを演出)
  • クルクルまわるブレードが1枚のものと、2枚のものがあったのですが、なんとなく控えめな1枚にしました

 

いざ!釣行!2017年8月14日

予定通り大川の桜ノ宮公園周辺に向かう。14時に現場に到着!前回視察した時には、釣り人はいませんでしたが、今回はすでに2名が釣りをしていました。情報収集のため、釣れたか聞いてみると、サイズは小さいながらも釣れているようです。これは釣れそうな予感!

今回選んだポイントはこちら。ワンドと本流を繋ぐポイントで、本流から水が流れてきているので、常に流れがある状況です。ウィードもいい感じに生えていて、温度も酸素量も問題なさそうです。さらに、橋とウィードがシェードを作るので、曇りといえども、真昼間の太陽光を嫌うバスにとっては、絶好の隠れ家です。

表層はバスの姿はなかったことと、曇りでも明るい曇りだったので、予定通り3インチヤマセンコーのノーシンカーを選択。まずは、足元をトレース。あたりはないが、なんとなく釣れそうな予感。次にもっとも釣れそうな橋の下にスキッピングでキャスト。丹念に投げて底を攻めます。

真夏でバスのやる気があるかわからない状況なので、底についてから30秒ほど放置→シェイク→竿を立てて超スローリトリーブを繰り返し、ネチネチと攻めました。底はゴリゴリしたところと、たまにウィードに引っかかる感じですね。

ラインと竿で底を感じながら、シェイクした時、軽く何かにあたるような反応。これは?と思い、少し待ってみると、ギャン!!とラインが走りました。食いが浅いと読んでいたので、ラインが走ってから一瞬待ってから思いっきり竿を立てます。見事、フッキングに成功しました。

確実に釣り上げるために、魚が逃げる先に気を使いながら引き寄せます。このドキドキ感はたまらないですね。引きの感じでわかりましたが、引いている魚の姿を確認すると、やはりバスです。よっしゃもう少し。そこまで大きくないので、岸まで引き寄せたタイミングで、勢いよくごぼう抜きしました。

よっしゃあ!手ではかったところ、たぶん30cmちょっとのバスです。川のブラックバスって、湖のバスと形が違うといいますが、なんとなく川っぽいかな?って感じがします。言われると、川バスな気がします。ナイスフォルムです!針はしっかりと口に刺さっていますね。フッキングのタイミングは正解!DECOYのキロフックはやはり強い!この程度のサイズじゃビクともしませんね。3インチヤマセンコーは使えないぐらいボロボロになっていましたが。

記念撮影!

 

その後、本命なあたりを2回逃し・・・、うち1匹は見えバスでした。

夕方はバスが表層にあがってきてベイトを追い回しボイルしているがルアーには一切反応なし。まわりのアングラーも誰もボイルしているバスを釣りあげられず。どうやって攻略するんだろ?という状況で18時30分に竿を納めました。

 

あ、ちなみに、15cm〜20cmぐらいのブルーギルも釣れました。もしギルを釣りたいなら、小さい針とワームで大量に釣れると思います。

すごく長い文章になってしまいましたが、、読んでいただきありがとうございました。

もし、もっと詳しく教えて欲しい!こうしたら釣れてたんじゃない?などありましたら、コメント欄よりお願いします!

 

まとめ

日時 :2017年8月14日 14:30

場所 :大川 桜ノ宮公園前

天候 :晴れ

ルアー:ゲーリーヤマモト3インチセンコー ウォーターメロン

動き :底についてから30秒ほど放置→シェイク→竿を立てて超スローリトリーブ

水質 :やや濁り気味(緑色)

その他:ウィード、流れ込み、真夏