【日本語ラップ】キングギドラの俺的クラシック6選

訪問ありがとうございます!

キングギドラについて

日本語ラップのシーンを引っ張ってきたキングギドラというグループをご存知でしょうか?日本語ラップ好きな人なら誰でも知っているラッパーZEEBRA、K DUB SHINE、DJ OASISの3人がメンバーです。突き刺さるようなビートと社会性の高いリリックが多くの人を魅了しました。現在は、ほとんど活動していないので、ライブ情報があれば本ブログにて紹介しますね。

ということで、僕が選んだキングギドラの名曲(クラシック)をコメント付きで紹介していきたいと思います。完全に世間の評価は無視して個人的な観点で選んでいますので、あらかじめご了承ください。

 

1. UNSTOPPABLE

UNSTOPPABLEは個人的にかなり思い入れのある曲です。なぜなら、僕が日本語ラップやヒップホップにハマるきっかけとなった曲だからです。確か、小学校6年生ぐらいだったと思います、FMのヘビロテでUNSTOPPABLEが流れていて、何これ!?めっちゃかっこいいやん!!!!ということで、一発でくらって、横文字だったのでしばらく誰が歌ってるかわからなくて、ラジオ流しっぱなしにしてまたかかるのを待っていた。なんて記憶がありますね。この周辺の時期で、DragonAshのgreatful daysあたりもかなりハマりました。はじめてシングルCD、アルバムCD買ったのも、キングギドラです。それくらい、影響力あると思いますね。

2. F.F.B

https://www.youtube.com/watch?v=gWzNhSoelak

UNSTOPPABLEと同時期に2作同時発売されたのがF.F.Bです。F.F.Bは、リリックの中にも出てくるのですが、First Food Bitchの略で、当時6年生ぐらいだった僕にはクラブっていう世界に憧れるきっかけになった曲です。ギャルかわいいし、こんな子とやりてぇ!ていうか、こんな世界あるんや!すげぇ!ってとにかく興奮してた感じです。当時は流派Rという番組をやっていて、その番組で紹介されるたびにテンション上がってましたね。

ファーストフードっていうのが、若者にはかなり馴染みのある言葉ですし、リリックがわかりやすい、とてもわかりやすくてインパクトがある曲だと思います。よく考えられてますね、今聞いてもバランスがいい曲だなあと思います。一言でいうと、公務員のお偉いさんが嫌いそうな曲ですね(笑)

 

3. 未確認飛行物体接近中

日本に未確認飛行物体が落ちてウイルスが広がる感じ、物事を俯瞰してみていたのか、こうなることがわかっていて書いたのか、わかりませんが、キングギドラの衝撃は僕にとってこんな感じです。っていうのを、見通して書いたようなリリックです。HIPHOPのリリックってってハマったらとてつもない力があるなあと、この曲を聞いて思います。

 

4. スタア誕生

キングギドラの曲って本当リアルだと思いました。たぶんこの話はフィクションだと思いますが、比喩表現ということで若者や社会問題をストレートに表現していますね。なんか、殺人事件がなんちゃらっていうニュースの話題なんかよりも、身近な人間に降りかかりそうな出来事で、映像を見ているように想像できます。短編ドラマという感覚でしょうか。こういうアンダーグラウンドな感じよりも、明るい曲が好きだという人も多いのですが、これを無視して聞かないってのは僕にはわかりませんね。

 

5. 平成維新

平成維新だ馬鹿野郎!まず窪塚くんのシャウトが熱い。この曲はキングギドラのアルバム”最終兵器”に入っている曲です。狂気の桜という窪塚洋介、須藤元気などが出ている右寄りの映画にも使われていて、この曲でUZIや童子Tを知りました。もう10年以上前の曲ですが、リリックをまだ全部覚えているという、中毒性のある曲です。

童子Tはこの曲の他に、少年Aという曲がめちゃめちゃかっこよかったのですが、今はダメになっちゃいましたね・・・。Youtubeでは、ライブバージョンしかなかったので、興味ある人は最終兵器を調達して聞いてみてください。

6. 公開処刑

ZEEBRAとドラゴンアッシュの降谷建志のBEEFのきっかけとなった曲です。”おめえだKJ!”、”お前のグレートフルデイズも今日まで”、”ステージでの振る舞いも超パクリ”とか、とにかく個人を対象にボコボコにディスるという、そういった意味で衝撃の曲でしたね。HIPHOPにはBEEFという文化があるんだ、というところを理解して、USのHIPHOP事情やキングギドラのインタビューなども勉強しつつ、HIPHOPという文化を理解することができましたね。ちなみに、K DUB SHINEはKICK THE KAN CREW、RIP SLYMEをディスっているようです。

 

以上、いかがでしたでしょうか。

この流れでZEEBRAさん、K DUB SHINEさんあたりのクラシックも紹介したくなってきましたね。

また紹介したいと思います!閲覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です