天然塩と人工(精製)塩の違いとは?

そもそも塩に人工と天然があるのか?ということですが、実は市場に出回っている塩のほとんどが人工塩、正確には精製塩というものになります。精製塩とは、科学的な製法を使って製造された塩のことです。自然塩は、みなさんが想像されるように、海水を塩田などを用いて乾燥させて抽出する等の方法で作られています。

  • 精製塩 = 人工的に加工された塩であり、ミネラルがほとんど含まれておりません。
  • 天然塩 = ミネラルが含まれております。

 

精製塩と天然塩の見分け方は?

商品名を見るだけでは、精製塩か天然塩かの違いはわからないので、成分表記を確認しましょう。人工塩には、【塩化ナトリウム99.9%以上】【イオン膜】という記載があります。食品は法律上、記載する文章が決まっていますので、これを見れば一発でわかります。自然塩には、天日干しや岩塩などの種類がありますので、製法を見れば判断可能です。

 

どっちのほうが体にいいの?

ミネラルが含まれている自然塩のほうがオススメです。ネットを調べると賛否両論ありますが、塩化ナトリウム99.9%を摂取すると、体は確実に狂います。純度が高すぎるのです。体に中毒性のあるものの共通点を調べてみましょう。高純度の人工物が含まれているもの = 中毒性の高い食べ物や 物質(危険ドラッグ含む)です。この法則を覚えると、自然なものを体に取り込む癖がつきます。

よく塩が高血圧の原因といいますが、自然塩に含まれるミネラルは血圧をコントロールする作用もあります。ただ、ミネラルが豊富だからと言って、摂りすぎは厳禁です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です